エンジン関係


エアクリーナー


HKS 純正交換タイプ
 中古で買った時から付いてきました。純正交換タイプですから、そんなに劇的に変わらないと思います。いずれ、エキマニとマフラーを交換した時には、キノコタイプに交換する予定です。



HKS スーパーパワーフロー(00/05/02)
 マフラーを交換した時から、エアクリーナーとエキマニは交換したいと思ってました。ブリッツ、アペックス、ARC と比較検討して、これにしました。ブリッツはステンレス製なので、清掃すれば何度でも使えるのが魅力なのですが、エアーによる清掃方法だとキチンとキレイになるのかが不安でしたし、アペックスは安くていいのですが、汚れたらフィルターごとの交換になるので、結局高いし、ARC は遮熱板と一緒になっているので、性能はぴか一ですが、デザインと値段の高さで選びませんでした。HKS は値段も安いですし、汚れたら安価な新品のフィルターに交換すればいいので、湿式のように半日乾かす必要も無いですし、新品に交換するので、完全にキレイになる所が選択のポイントでした。
 取付けてみて、最初に吸入音の大きさに驚きました。ぶしゅーって吸入音がカッコいいです。中回転から高回転にかけて、エンジンの回転の上がり方が軽くなり、非常にいい感じです。ただ、車庫入れの時はいつもアイドリング + α 程度でクラッチを繋いでいるのですが、その辺りの回転数のトルクは若干落ちた感じです。今まであまりノッキングしなかったのが、多少するようになりました。


 
ARC スーパーインダクションボックス(01/07/14) 【現在のエアクリーナーです】
 純正のエアクリーナーでも全然不満は無く、またキノコタイプは熱ダレの面や低回転時のトルク感の薄さなどから、もう替えるつもりはありませんでした。が、オークションにこのインダクションボックスが出品されているのを見つけ、悩みに悩んで落札してしまいました。
 デザインはあまり好きじゃないのですが、このエアクリの売りである、アクセルに対するレスポンスはかなり良くなりました。さすが、マツダスピードが採用しただけのコトはあります。吸気音は、キノコタイプと比べ、純正並に静かです。なので、このぶしゅーって吸気音に魅力を感じる方には、オススメ出来ません。
 サーキットではどう感じるのか、次回走行した時に確認してみようと思います。



プラグコード


SplitFire Twin Core
 中古パーツ屋で、2,000円で買いました。燃費が多少良くなったのと、気持ちふけ上がりが良くなりました。ただ、プラグがノーマルなので、もっといいプラグに替えれば、より効果が出ると思います。それと、プラグコードの車体側のコネクタが錆びるようになりました。清掃して、CRC を吹いても錆びます。何故なんでしょう?



永井電子 ウルトラ(2000/09/09) 【現在のプラグコードです】
 SplitFire のプラグコードが突然臨終してしまい、しばらく純正のプラグコードで走ってました。そんな時にオークションでプラグコードが出品されていたので、落札しました。今の所、純正に比べて劇的に変わった感じはしませんが、数馬力はアップしているコトでしょう。それにこのプラグコードに期待してるのは、寿命の長さと、エンジンルームのカッコ良さと、今まで悩んでいたプラグコード付け根の錆びから解放されるという、三点ですので馬力は純正並でいいのです。



プラグ


SplitFire SF-392C
 今まで使っていた、NGK BKR5E-11 に比べると、気持ちふけ上がりがいいかな、って感じがします。ただ、結構エンジンを回して乗ってる割に、ノーマルのプラグでもキツネ色に焼けない私のクルマにとっては、贅沢品かな。ノーマルの四倍弱の値段ですし。なので、街乗りは今まで通りのノーマルで、サーキット走行会の時にこのプラグにしようと思います。



マフラー
【現在は純正マフラーです】


ピットイン大宮北オリジナル Street Dancer シングルセンター出し
 ずっと、マフラーを変えるならセンター出しにしたい、と思っていました。たまたま覗いた中古パーツ屋で、このマフラーを見つけたので、即買ってしまいました。装着する前は、センターの二本出しの方が良かったかなあと思ってたのですが、実際に付けてみると、これはこれで充分カッコいいです。オールステンレス製なので、光沢もキレイですし。ただ、問題点もあります。一つが、1600用で開発したらしく、リアのパフォーマンスバーの一部と干渉します。現在私はパフォーマンスバーを外し、アダプタか何かを製作して、パフォーマンスバーの干渉する部分に逃げを作る予定です。それと、このマフラー、結構ウルサイです。車検対応では無いので、街中を走るのであれば、サイレンサーが必須です。音質はステンレス製の割にはそんなに乾いた感じではなく、低い音(しかも大きい)で、音圧(ボバババババ…という感じ)が目立つようになります。



ピットイン大宮北オリジナル Street Dancer 専用サイレンサー
 思ってたよりマフラーがうるさかったので、サイレンサーを取り付けました。このサイレンサーを付けると、音が純正マフラーに近いくらいの音量になります。但し、出口がかなり狭いので、排気が詰まってるような音になります。それに、高回転まで回りにくくなりますので、結局外してしまいました。



エンジンマウント

マツダスピード強化品(00/05/02)
 走行距離も 6 万キロを超えたので、エンジンマウントをマツダスピードの強化品に替えました。替える前は、強化品は純正品に比べ、振動や音がすごいのかなあ、と思ってたのですが、実際は思った程ひどくなりませんでした。アイドリングで止まっていると、以前より振動がダイレクトに来る感じなのと、そのおかげでか、びびり音が多少出る位です。むしろ、ギアの入りも良くなったり、エンジンのレスポンスが良くなったりとのメリットの方が大きいので、替えて良かったです。…替えるのが大変でしたが。



エキマニ


HKS スーパーヘッダー(00/05/14)
 まだ取り付けてからあまり走っていないのですが、効果は充分に体感出来ました。特に 4,000 回転から 6,000 回転辺りのパワーが今までとは全然異なり、もっさり感のあった BP エンジンとは思えない程、力強くなりました。ただ、取付け方が悪いのか、それとももともとそういう設計なのか、純正のエキマニより少し短い為、マフラーをエンジン方向に引っ張らないと取り付け出来ませんでした。引張り気味に取り付けると、排気漏れやマフラーの取り付けゴムの裂傷が心配なので、どうにかしたいのですが…。音質は、マフラー交換程変化は無いのですが、低音がより増強された感じです。よくステンレス製のエキマニに交換すると乾いた音になるって言いますが、乾いた音の定義が違うのか、マフラーもエキマニもステンレス製なのに、どちらかと言うとボボボボボ…という低くてこもった感じの音です。コーンズのマフラーの音は確かに乾いた音ですが、それとは違う方向性の音です。耐熱バンテージを巻いたので、美しいステンレスの色は見えません。
 00/05/20 現在、フレキシブルジョイントのおかげか、引っ張る力はだいぶ弱くなっています。音はやっぱり低くてこもった音で変わりないです。いや、それとも自分の耳が悪いのかなあ。客観的に判断出来ないのが辛い所です。



ラジエタ

 
コクピット外環オリジナル Potential GT SPEC ラジエタ TYPE-2(00/08/12)
 水温計を付けてから、やたらと水温が気になり始めました。街中を今まで通り走っても、少しづつ水温は上がっていきますし、一回渋滞などにハマり、水温が 90 度を越えてしまうと、なかなか下がりにくくなっている状態でした。その対策として、ローテンプサーモスタット(水温計を替える以前から付けていましたが)やビリオンの VFC を付けてみたのですが、確かに水温は上がりにくくなるものの、やはりラジエタの能力が上がる訳では無いので、結局水温は上がり、そしてなかなか下がりにくくなる傾向は変わりませんでした。という訳で、ラジエタの交換をしました。比較的安い、真鍮製の二層式です。真夏の街中での一定速度での走行で、ノーマルラジエターですと、80 度以下にはなりませんでしたが、二層式だと 72 度まで下がります。ストップ&ゴーが続く状態でも、ノーマルは 86 度前後なのに、 二層式は 82 度前後を指しています。ただ、ラジエターに風が当たらない完全な止まりっぱなしの渋滞ですと、多少二層式の方が低く感じますが、90 度前後とそんなに変わりません。まあ、風が当たらなければラジエタの能力に差は出ないのかなあ、と思います。
 サーキット走行のように、風は入るけどエンジンにかなり負荷がかかってる状態が続く走り方ですと、どの位の水温を示すのかが気になります。9 月に走行会があるので、確認しようと思います。
 筑波サーキット走ってきました。外気温が36度とかなりの暑さにもかかわらず、水温は95度までと、ギリギリの所で踏みとどまってくれました。サーキットなどを走る場合、ラジエタ交換は非常に有効な水温対策だと思います。特にNA8Cは水冷式オイルクーラーが付いているので、水温が安定すると油温も安定するので、なおさらオススメです。