油温計の取り付け

 水温計に続き、油温計を取り付けました。スモールやアクセサリ電源は水温計から取ればいいので、室内配線は非常に楽でした。これがあれば、エンジンを最初に冷却するオイルの状態を知るコトも出来ますし、一定以上の温度になったオイルの寿命も判断出来ますし、オイルクーラの必要性も判断出来ると思います。

 使用した部品
 ・オオモリ製 電子式油温計(ホワイトメーター 52φ) 8,000円
 ・モッグ製ワープ ブロック システム            18,000円
 ・ラムコ製 フード付き 2 穴メータパネル          1,800円
 ・その他 コード、ギボシ、タイラップ等


1.オイルブロック取り付け

          
 とりあえず、アンダーカバーを外します。

          
 インマニステーを外します。ネジは、ここの二つと、下側に一つあります。

          
 これが外したインマニステーです。オイルブロックを取り付けると、このステーが干渉して取り付けられなくなります。私は今回外したままですが、ガレージオオノ製の加工済みインマニステーですと、逃げがあるので取り付け可能なようです。現物を送り、いずれ加工してもらおうと思います。

          
 次にオイルフィルタを外します。後ろに見えているのが、エンジンに取り付けるオイルブロックです。

          
 写真が暗くて見にくいのですが、外したオイルフィルタの代わりに、オイルブロックを取り付けます。

          
 オイルブロックに、メッシュホースを仮止めします。

          
 オイルブロックのフィルター側の取り付け位置を決めます。今回は、右フェンダー内に設置します。ヘッドライト下に開いている穴を利用して、ステーを取り付けます。この指の差している穴を利用しました。

          
 フェンダー側から見ると、こんな感じです。上から挿したネジが見えます。

          
 さきほどのネジを利用して、オイルフィルタ側のオイルブロックを取り付け、そしてメッシュホースを仮止めします。位置決めが出来たら、各メッシュホースの本締めを行います。

          
 メッシュホースが干渉するので、アンダーカバーの一部を切りました。

          
 フェンダー側からオイルブロックを見た写真です。

          
 こちらは、バンパーの下側からオイルブロックを見た写真です。


2.センサーコードの引き込み

          
 センサーのコードを室内に引き込む為、ここら辺にあるゴムキャップを取り、真ん中に穴を開けて、そこにコードを通します。以前水温計を取り付けた時に使った所と一緒です。


3.配線

          
 今回はラムコのフード付きメータパネルを利用しました。アクセサリ電源やスモールやグラウンド等は、前回取り付けた水温計から分岐させました。なので、今回の配線はセンサーからの二本以外はほとんどしなかったので、楽でした。後はメータのチェックをして完成です。


4.インマニステー加工(2000/08/18 追加)

 オイルブロックを取り付けると、インマニステーに干渉してしまうので、今回インマニステーに逃げを作る加工をしました。最初はガレージオオノ製の加工済みインマニステーを買おうと思っていたのですが、素材がアルミで加工しやすそうですし、代金もばかにならないので、自作しました。

          
 とりあえず現物合わせをして、干渉している部分にマジックでマーキングします。そして、その線に合わせて金ノコで切れ目を入れます。

          
 こんな感じです。アルミなので、楽に切れます。

          
 横方向への切断は、金ノコが入らないので、とりあえずドリルで穴を開けていきます。

          
 穴と穴の間をニッパーで切断し、金ノコを入れられるようにして、残りの部分を金ノコで切断します。

          
 逃げ部分を加工したステーの出来上がりです。

          
 これでオイルブロックに干渉するコトなく、インマニステーが取り付けられました。